「 ニキビが出来る原因 」一覧

ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないのなら、こんな改善方法があります!~食生活(食べ物)編~

ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないと悩んでいる方いませんか?もしかしたら、食生活に問題があるかもしれません。
ニキビと食生活とは深い関係がありますので、ニキビ対策としては食生活の改善が大切になります。では、どのような食べ物が良くて、どのような食べ物がNGなのか、説明しましょう。
 

ニキビができる原因となる食べ物

f9fa8142e3911fab2fed6a8a94d7e192_s
ニキビは毛穴に皮脂が詰まってしまい、悪玉のアクネ菌が増殖することで発症します。つまり、皮脂を過剰に分泌させないことが大切なのです。つまり、皮脂を過剰に分泌さる食べ物はNGなのです。このようなNGな食べ物としては、4種類ほど考えられます。
 

脂分を多く含む食べ物

6dc886aa4da5058e8f447a929ed7e8db_s一つ目は、脂分を多く含んでいる食べ物です。具体的には、油っぽい食べ物や肉類、バターを使ったケーキなどのお菓子です。

これらは、直接に皮脂を過剰に分泌させ、ニキビができやすくなります。
 
 

糖分を多く含む食べ物

e9df6e99a473f14544fe131b720a7525_s
二つ目は糖分を多く含んでいる食べ物や飲み物です。具体的にはチョコレートやジュースなどです。糖分は血糖値を上げますのでインスリンが分泌されますが、このインスリンは同時に皮脂の分泌も活溌にさせます。

また、糖分は分解されてエネルギーになりますが、残った糖分は脂肪になりますので過剰な皮脂の分泌にもつながります。
さらに、糖分が分解されるときにはお肌の生まれ変わりをサポートするビタミンB群が消費されますので、ニキビ対策としてはNGです。
 

アルコール類

5779ef4b9fba2881af52c305c37674b5_s
三つ目はアルコール類です。アルコール類は糖分を含んでいると同時に皮脂腺を刺激しますので、皮脂が過剰に分泌されることになります。
また、アルコールは活性酸素を作り出しますので、ニキビだけではなく、お肌トラブルの原因にもなります。
 

辛い食べ物

四つ目は辛い食べ物です。辛いものをたくさん食べると胃腸に負担がかかり、消化や吸収の機能が低下してニキビができやすくなります。
 
 
 

ニキビに効果的な食べ物・栄養素

では、ニキビ対策としてはどのような食べ物がよいのでしょうか。キレイな肌をつくる食べ物は大きく分けて2種類あります。
 

ビタミン類

まず一つ目はビタミン類を含む食べ物です。肌に栄養を与え、肌の生まれ変わりをサポートするのがビタミンB群です。これらを含む食べ物としては、納豆、マグロ、卵、レバーなどがあります。また抗酸化作用があってお肌を活性酸素から守ってくれるのがclass=”marker_yellow_futo”>ビタミンCやビタミンEです。例えば、赤ピーマンや青ピーマン、いくら、すじこなどがあげられます。そしてニキビの原因菌であるアクネ菌と戦う肌をサポートするのがビタミンAです。ビタミンAは肌の粘膜や免疫をよくする働きがあります。レバー類に多く含まれています。
 

腸内環境を良くする食べ物

二つ目は、腸内環境を良くする食物繊維や乳酸菌を多く含む食べ物です。便秘はニキビの原因と言われますが、嘘ではありません。腸内環境が悪いと肌に栄養が届きにくくなってしまいます。食物繊維を含む食べ物としては、豆類やいも類、ごぼうなどの根菜類がありますし、乳酸菌を含むものとしてはヨーグルトやぬか漬けなどの発酵食品があげられます。
 
 

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら


ニキビ(吹き出物)が出来て、皮膚科に行っても治らない!!それは、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません・・

ニキビ(吹き出物)が出来て、皮膚科に行っても治らない。もしくは、すぐに出来てしまう・・それはホルモンバランスの乱れが原因かもしれません
 
 

ニキビ(吹き出物)が出来る原因の一つホルモンバランスの乱れ

cdce98519c99f356f2404a11491ac46b_s
若いころは成長ホルモンが関係していますが、それ以後は男性ホルモンなどが影響を与えているようです。ニキビを治す方法としてはこのホルモンバランスを整える必要があるでしょう。

 

ニキビの治療法としてホルモン治療があげられます

男性ホルモンなどが増えすぎる事が原因になっていますので、これをなんとかする必要があります。皮脂の分泌が過剰になり、それによってニキビができてしまいます。また女性の場合は特に生理前などはホルモンバランスが崩れやすいため注意が必要です。

ホルモン治療では男性ホルモンを抑えるものを使用しますが、スピロノラクトンやピルを使います。これらには女性ホルモンのエストロゲンやイソフラボンが含まれています。1~2カ月ほど服用することになりますが、それにより女性ホルモンの方が強くなるためニキビを抑えることができるでしょう。
 

ホルモン治療の注意点

薬がうまく効いている間はいいのですが、効果が薄れてくると再びニキビが出来てしまう可能性もあります。一度治療をしたからといって安心はできません。効果が永久に続かないという点はしっかりと把握しておく必要があります。

またやっかいなのは前回のホルモン治療の反動でニキビが以前よりもひどくなる場合があるという点です。そうなると費用的な問題もでてきてしまいますので、やはりよく考えてから行う必要があるでしょう。
 

最後に

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s
ニキビの治療法としてホルモン治療をあげましたが、何もこれだけとは限りません。ホルモン治療は費用もかかりますしその後の事が心配という人も多いと思います。やはりリスクの少ない、日々のスキンケアを大切にすることをおすすめします。肌をいつもいい状態に保ちニキビのできにくい環境にしてあげることが大事です。
 
 

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら


ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らない・・あなたの寝具に問題があるかもしれません

ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・寝具のダニでニキビ(吹き出物)が出来るかもしれない・・というのはご存知ですか?
 
e55a6c7ebe5bdc270e4f4143f9b90e77_s 
 

ニキビ(吹き出物)の原因は、寝具かも?

だれもが布団に包まれて、ゆったり、ぐっすり、眠りたいものです。そして、朝にすっきりと目覚めることができれば、言うことはないですね。しかし、朝起きて鏡を見たら、ニギビができていたというのでは、心は晴れません。ちょっとすると、そのニキビは寝具が原因になっているかもしれないのです。

ダニが最も多く生息している場所は室内のどこかと、サンスター技研株式会社が調査しました。その結果はどこかというと……、実は寝具だったのです。えっと思うかもしれませんが、毎日すやすやと寝ている寝具なのです。

そして、洗濯後1週間経つと、ベッドシーツや枕カバーには、約100匹を超えるダニが生息していたというデータもあったのです。つまり、洗濯後、1週間経った寝具で寝ている人は、ダニといっしょにすやすや寝ていたということになるのです。いやですね。

もちろん、ダニはニキビや肌あれ、アレルギーの大きな原因ですので、いつも同じところにニキビができるのであれば、それは寝具のダニが原因なのかもしれません。
 

何日ぐらいで寝具を取り替えればいいの?

では、寝具を取り替える頻度は、どの程度がベストなのでしょうか。一般的には、シーツや布団カバー、枕カバーなどを1週間程度で交換している人が多いようです。また、冬場は期間が開いて、2週間から4週間に一度という人もいるようです。

しかし、ニキビ(吹き出物)に悩まされている場合には、これでは不十分です。特に枕カバーは寝ている間はいつも顔と接している部分です。つまり、顔のお肌はいつもダニと隣り合わせなのですから、枕カバーだけは毎日取り替えるほういいに決まっています。「枕カバーは毎日交換」が基本なのです。
 

寝具は常に清潔に

67e23b75bf2e5245f33d3a53bd4f13c3_s
確かに、毎日取り替えるというのは面倒です。また、お洗濯もしなければなりませんし……。しかし、枕カバーなどの寝具を清潔に保つということは、ニキビ対策だけではなく、健康全般にも良いことなのですから、ここは面倒がらずに交換してほしいと思います。そうすれば、朝起きた時に、「あっ、またニキビができている」と憂鬱になることもなく、心もスッキリします。ベッドシーツと布団カバーは1週間に一度程度でも仕方ないですが、枕カバーは毎日取り換えましょう。実際に、そうするだけでニキビ(吹き出物)が劇的に消えたというケースがも多いのです。

ニキビ(吹き出物)に悩んでいるあなた。ぜひ、面倒くさいなどと思わずに、寝具の交換と洗濯をがんばってください。そして、常に清潔な環境でゆっくり眠りましょう。そうすれば、ニキビも消えて、心もすがすがしく朝を迎えることができるはずです。
 
 

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら


ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らない・・ストレスから発生するニキビなら、外部から治しても意味がないかもしれません・・

ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・「ストレスからニキビは出来る」というのはご存知ですか?
 
92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
 
 

ニキビ(吹き出物)とストレスの関係

私たちは、いろいろなストレスに囲まれながら生活をしています。人間関係のトラブルや仕事上の悩み、これらから発生する怒りや不安、満員電車に揺られての通勤や騒音など、思えば多くのストレスに囲まれて生活しているのです。そして、このようなストレスは美容の大敵であるとしばしば言われますが、実はニキビ(吹き出物)にとっても大敵なのです。

そもそも、なぜニキビが発症するのかというと、皮脂などが毛穴に詰まってしまうことからはじまります。そして、その詰まった毛穴の中で悪玉のアクネ菌が増殖して赤く炎症を起こしてしまうのです。これがニキビなのです。ということは、皮脂などが毛穴につまらないかぎり、ニキビ(吹き出物)は発症しないことになります。

しかし、残念ながら、私たちは毎日ストレスに囲まれて生活していますので、どうしても皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まってしまうのです。
 

ニキビ(吹き出物)が発症するメカニズム

ストレスがニキビ(吹き出物)を発症させるメカニズムは、次のようになります。自律神経には交感神経と副交感神経があることはご存知だと思います。緊張したときには交感神経が優位に働き、リラックスした時には副交感神経が優位に働きます。そして、ストレスを受けるということは、身体が何らかの危険を察知して緊張し、交感神経が優位に働いている状態なのです。

そして、交感神経が優位に働くと、副腎皮質ホルモンのアンドロゲンやアドレナリン、そして男性ホルモンのテストステロンが多く分泌され、これらが皮脂の分泌を促進させてしまうのです。皮脂の分泌が促進されると、肌そのものが脂性肌になってしまい、結果として毛穴もつまりやすくなり、ニキビ(吹き出物)も発症しやすくなってしまいます。

つまり、ストレスが自律神経のバランスを崩して交感神経を優位に作用させ、その結果、皮脂の分泌が促進されてニキビが発症しやすくなるのです。
 

ストレスケアをしよう

ec19b6a51999c45bce92a0c2252bfc00_s
ニキビの発症を少しでも抑えるためには、ストレスから解放されることが大切です。具体的には、適度に運動し、ぐっすりと眠り、趣味の時間を楽しんだりして、Rest(休息)とRelaxation(リラクゼーション)とRecreation(レクリエーション)の3つを実行して、副交感神経を優位に作用させることが大切です。

とにかく、ニキビ(吹き出物)対策としてはリラックスして副交感神経を働かせばよいのですから、簡単な方法としては帰宅後、半身浴でゆったりと浸かるというのもいいことです。心がほっとリラックスして、きっとニキビ対策にもなることでしょう。
 
 

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら


ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないとお悩みの方、もしかして便秘ではないですか?

ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないとお悩みの方!便秘もニキビが出来る原因とご存知ですか?

ニキビ(吹き出物)と便秘の関係

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
便秘のとき、お肌の調子が悪いなと感じたことはありませんか?
便秘は大人ニキビの大きな原因の一つと言われていますが、まず、大人ニキビとはどういうものなのでしょう。

大人ニキビは思春期を過ぎて大人になってできるニキビのことで、原因はさまざまと言われていますが、便秘からくる体内の毒素などが大きく影響しています。

普段は排出されている体内の老廃物や毒素が、便秘によって排出することができずにさまざまな形で体内をめぐります。体内の血液にも回った毒素などは血流の悪化などによる肩こりや疲労感を引き起こし、身体の表面にも肌荒れという形で表出します。その一つが大人ニキビです。
 
 

便秘の解消・予防はどのようにしたらいいの?
①食生活の見直し

まずは一日3食を規則正しい時間に摂取し、そのなかで乳酸菌と食物繊維が含まれている食材を積極的に食べることが必要です。水分不足も便秘には大敵なので、自分が思うよりも多めに水分を摂ることを目標としましょう。納豆やヨーグルトなどの発酵食品から乳酸菌を摂って大腸の蠕動運動を活発化させ、わかめなどの藻類やさつまいもなどから食物繊維を摂って便の量を増やして腸の状態を正常に整えてもらいましょう。
 

②適度な運動

適度な運動は自律神経の働きを正常に整え、大腸のぜん動運動も促します。ウォーキングなどの全身運動と、腹筋を鍛える運動の2つを習慣づけるとよいでしょう便秘の方の多くは、弛緩性便秘という筋力不足が主な原因の便秘ですので、実は運動をするだけでも改善するということも少なくありません。
 

③マッサージ

お腹に直接マッサージを行います。お腹を手の3本指かにぎりこぶしで「の」の字を描くように、ぐるぐると軽く押してマッサージします。必ず時計回りでおこないましょう。リラックスした状態で、ゆっくりと30回ほどおこなうと効果的です。もう一つ、別のマッサージは左の肋骨下あたりと右の腰より少し上の腹部をつかんで腰をぐるぐると回します。腸は唯一外から刺激を与えられる消化管なので、しっかりとつかんで腸を刺激しましょう。
 
 

最後に・・

e9a9b3f18df9f21b8376d034564776bd_s
毎日決まった時間にトイレに入ったり、長時間トイレに居座らないのもポイントですが、便秘だからと思い詰めないのも大切です。思い詰めたストレスで便秘が悪化しては本末転倒です。どうしても解消されない場合は、病院へ行ってお薬に頼って排出する切っ掛けを作るのも手ではないでしょうか。便秘を解消して、ニキビ(吹き出物)のないお肌と健康的な体にしましょう!
 
 

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら


「ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らない」とお悩みの方、もしかしてお酒(アルコール)を過剰摂取していませんか?

ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・ニキビができる原因の中にアルコールの過剰摂取が挙げられるのはご存知ですか?
 
 

ニキビ(吹き出物)とお酒の関係

68a315025294e384985283c28c87c48c_s
アルコールを摂りすぎると、肝臓に悪影響を及ぼします。肝臓は解毒機能を持った臓器で、体内の不要なものを排出する働きがあります。肝機能が衰えると体に毒素が貯まります。そしてそれが肌トラブルとしてニキビになるのです。

アルコールには糖質が多く含まれています。お酒には蒸留酒と醸造酒があります。
●蒸留酒(醸造酒を蒸留したもの)
  ウイスキー、ウォッカ、焼酎、ジン、ブランデーなど
●醸造酒(蒸留などせず、アルコールを発酵させたままの状態)
  ビール、日本酒、ワイン、チューハイなど

醸造酒は蒸留酒よりも糖分が多く含まれています。

またアルコールには食欲を増進する作用もあり、おつまみなどついつい食べ過ぎてしまうということもあります。肝臓がアルコールを分解する際、脂肪の合成を進める酵素を発生させて余分な中性脂肪を変えてしまいます。過剰な中性脂肪を肝臓に貯め込むことになり、肝機能の低下につながります。

肝臓が上手に働かなくなると、血液の浄化作用が弱まり、老廃物や毒素が貯まり、栄養素がうまく肌に運ぶことができなくなります。そして老廃物を排出しにくい体になっていくのです。
 
 

アルコールによって必要な栄養素が奪われ、ニキビ肌になる!?

7b4956c58a213232baca20833f730e03_s
アルコールには栄養素が含まれておりません。それだけならいいのですが、大事な栄養素の吸収を阻害する作用があるのです。せっかくおつまみを食べて栄養を補給しようとしてもアルコールによって吸収を阻まれるのです。

アルコールにより失われる栄養素
       ⇓
ビタミン、カリウム、ナトリウム、亜鉛など・・

※これらは体に不可欠なものばかりです。

ビタミンやミネラルなどが不足すると肌荒れが起きます。とくにビタミンBなどは余分な皮脂分泌を防ぎ、調整してくれる働きがあります。ニキビの予防には不可欠です。
 
 
 

アルコールで睡眠の質が悪くなり、ニキビ肌になる!?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s
アルコールを摂りすぎると、睡眠の質を悪くしてしまいます。浅い睡眠が増えたり、夜中に目が覚めやすくなるなどの睡眠障害が起こります。こうして不規則な生活やホルモンバランスの乱れによって、バリア機能をが破綻し皮脂分泌量が増えてニキビ(吹き出物)が発生しやすくなります。
 
 

まとめ

このようにアルコール過剰摂取は肝臓を含むあらゆる臓器の機能を低下させ、生活リズムを崩し、心身共に悪影響を与えます。ニキビ(吹き出物)という肌トラブルは体のどこかが悲鳴をあげているサインなのかもしれません。飲みすぎには気をつけましょう。

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら


ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・まずは「睡眠」を改善してみてはいかがでしょうか?

ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・睡眠は気を付けていますか?実はニキビと睡眠って深く関わりがあるのです。
 
91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s
 

ニキビと睡眠の関係

睡眠不足が続くとニキビ(吹き出物)ができやすくなります。それは、新しい細胞を作り出す成長ホルモンが睡眠中に分泌されることで、肌のターンオーバーが正常になされ、新しい綺麗な肌に生まれ変わります。ターンオーバーとは肌が生まれ変わる周期のことで、これが乱れると肌に悪影響を与えます。つまり睡眠不足によって成長ホルモンがしっかりと分泌されず、ターンオーバーが乱れ、ニキビができやすくなるのです。そのためしっかりと睡眠をとる必要があります。
 

ニキビ(吹き出物)にいい眠り方

しかしただ単に眠れば良いというわけではありません。睡眠には脳が働いているレム睡眠と、脳が休んでいるノンレム睡眠という二種類があり、肌のターンオーバーが行われるのはノンレム睡眠の時です。就寝後90分から3時間のノンレム睡眠時の良質な眠りが、ニキビ(吹き出物)のないツルンとした美肌を作り上げるのです。この時間帯に深く長い睡眠がとれるよう努力しましょう。
 

良質な睡眠をとるためには?

就寝後3時間の間にリラックスして深く眠るにはどうしたら良いでしょうか。まず枕をチェックしてみてください。良質な睡眠と枕の関係は密接です。高さの合ってない枕では深く眠ることはできません。専門店などで自分に合った枕を新調しましょう。

そして眠る時は部屋を真っ暗にし無音にしてください。テレビなどをつけっぱなしにするのはやめましょう。また寝る直前にスマホやパソコンなどを操作するのも控えてください。脳が刺激され、深く眠ることができなくなります。そして寝る3時間前には食事を済ませておきましょう。消化が完全に行われていないと寝つきが悪くなります。ストレッチや入浴などで体温をあげておくのも重要です。人は体温が下がっていく時に眠気を感じるので、入眠しやすくなるでしょう。
 

まとめ

これらのことを意識して良質な睡眠を得られれば、ニキビ(吹き出物)のない美肌を手にいれることができるはずです。
 
 

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら


背中ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方、「洗剤や柔軟剤」を見直してみてはいかがでしょうか?

背中ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・毎日の生活習慣でこんな事をしていませんか?背中ニキビが出来る原因の一つ「洗剤や柔軟剤」をしっかりおさらいしましょう!
 
 
67e23b75bf2e5245f33d3a53bd4f13c3_s
 

合成界面活性剤でできている洗濯洗剤は背中ニキビの原因になる!?

強力な洗浄成分=合成界面活性剤でできている洗濯洗剤は背中ニキビの原因になるということをご存知でしょうか?汚れをしっかり落とすための洗浄成分や、洗い上がりを良くするためには必要な柔軟剤成分。実は衣服に残りやすく、肌に触れると肌表面のタンパク質を溶かしてしまうのです。たんぱく質が溶けて弱った肌に衣服が擦れて、肌が乾燥してさらに弱ってしまいます。

特に背中は常に衣服と密着しているため、洗浄成分と衣服の刺激にさらされる時間がながく、ニキビができやすい状態になってしまいます。合成界面活性剤意外にも、漂白剤や蛍光剤にも注意が必要です。両方とも、白さを長続きさせるために必要な成分ですが、繊維に残りやすい成分です。汗をかくとこれらの化学物質が衣服からしみ出し、皮膚に痒みや炎症を起こす場合があります。
 

背中ニキビ対策法

肌トラブルを起こさないためには、合成界面活性剤や漂白剤、蛍光剤などの肌にとって強い刺激になる化学成分を避けることです。

・漂白剤不使用
・蛍光剤不使用
・合成界面活性剤無添加
・合成界面活性剤フリー
・合成界面活性剤不使用

などの記載があるとわかりやすいですね。
 

背中ニキビにおすすめ洗剤

背中ニキビに悩んでいる人におすすめなのは石けん洗剤。界面活性剤を使わずに、衣類を清潔に保つことができます。
石けん洗剤を見分けるには、

・脂肪酸ナトリウム
・脂肪酸カリウム
・石けん素地
・純石けん分

と書かれているものを選ぶことです。

石けん洗剤は高い洗浄力がありますが、衣服の繊維に残りにくく、肌への刺激が少ないのが特徴です。また、皮脂などの油汚れを落とす力が高い割に、素材へのダメージも少なく、おしゃれ着洗いにも使えます。界面活性剤と違い、早くに分解するため肌や環境にも優しいです。
昔の石鹸洗剤は固形タイプで非常に使いにくかったのですが、最近は液体タイプの石けん洗剤も販売されていますので、使いやすくなっています。
 

石けん洗剤の注意点

お肌には石けん洗剤がいいでのですが、石けん洗剤は石鹸カスは残りやすく、酸化して黄ばみの原因になったり洗濯層へのこびりつきが起きます。ですが、しっかり濯ぎをするように気をつければ黄ばみは防げますし、石鹸カスは定期的に洗濯層クリーナーを使って除去することができます。少しの手間で背中ニキビを改善できることを考えれば、試してみる価値はあります。
 

まとめ

いかがでしたか?毎日の生活習慣を見直すことでニキビが軽減されたら嬉しいですよね。また水着や、背中のあいた服が着れるようになったら自分の自信につながります。まずは手軽な「洗剤や柔軟剤」を見直してみてはいかがでしょうか?

 
 

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら


ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・ニキビが出来る原因の一つ「洗顔・シャンプー・リンスの洗い残し」のおさらい

ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・日常でこんな事をしていませんか?ニキビが出来る原因の一つ「洗顔やシャンプー・リンスの洗い残し」をしっかりおさらいしましょう!
 
e1f3b2eb04ac256ca185a30b870173ab_s
 

洗顔の洗い残し

大人ニキビ(吹き出物)に多い、こめかみにできる小さなブツブツ「こめかみニキビ」の原因の1つに洗顔料の洗い残しがあります。実は洗顔時、こめかみ部分についた泡は洗い流すときに残りやすく、この残った泡が「汚れ」となってニキビを引き起こすこともあります。せっかくニキビケアラインの洗顔料でケアしていても、汚れを肌に残していては逆効果となってしまいます。洗顔後には顔の隅から隅まで洗顔料の泡が残っていないか、よく見たり手で触ったりして確かめましょう。
 

シャンプー・リンスの洗い残し

また洗顔料と同様に、シャンプーやリンスの洗い残しもニキビ(吹き出物)の原因となります。特にこめかみ部分はすすぎ残しの起こしやすい場所となります。シャンプーやリンスも洗顔料同様、残った成分は「汚れ」となります。成分をしっかりと洗い落とすためにも、シャンプーやリンスはよくすすぎ、さらに洗髪の後に洗顔をするようにして、こめかみ部分にリンスが残らないように気を付けましょう。
 

シャンプー剤が頭皮に合わないなど、頭皮トラブルがニキビの原因に・・

合わないシャンプーにより頭皮がかぶれ、それによって頭皮のバリア機能を弱らせたり、皮脂分泌のコントロールが効かなくなったりするからです。その結果、異常な皮脂分泌過多や逆に分泌不足が起こり、ニキビ(吹き出物)のできやすい条件を作ることとなります。
シャンプーの成分の1つである強い洗浄成分を持つ合成界面活性剤が、頭皮を痛めたり皮脂の取り過ぎを起こしニキビ(吹き出物)を出やすい頭皮環境を作り出します。シャンプーを変えるだけで頭皮の環境が整い、ニキビが減ることもあります。
 

まとめ

自分に合ったシャンプーを使い、そしてしっかりとすすぎをする。さらに洗髪後に洗顔をして、こめかみや髪の生え際に洗浄成分が残らないよう気を付けるようにすることが大切です。

そして洗浄成分をきちんと落とした後は適切なケアをしましょう。頬や口元が乾燥気味だからと、顔全体に同じように保湿のために油分たっぷりの美容液やクリームなど使ってませんか?
頬や口元と逆にこめかみは皮脂の分泌が盛んな場所です。同じようなケアをすると、こめかみ部分は必要以上にオイリーになりニキビ(吹き出物)を増やしかねません。乾燥しやすい部分と皮脂が多く出やすい部分、それぞれに合ったスキンケア用品を使い分けることが大切です。
 
 

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら