背中ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方、「洗剤や柔軟剤」を見直してみてはいかがでしょうか?


背中ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・毎日の生活習慣でこんな事をしていませんか?背中ニキビが出来る原因の一つ「洗剤や柔軟剤」をしっかりおさらいしましょう!


67e23b75bf2e5245f33d3a53bd4f13c3_s

合成界面活性剤でできている洗濯洗剤は背中ニキビの原因になる!?

強力な洗浄成分=合成界面活性剤でできている洗濯洗剤は背中ニキビの原因になるということをご存知でしょうか?汚れをしっかり落とすための洗浄成分や、洗い上がりを良くするためには必要な柔軟剤成分。実は衣服に残りやすく、肌に触れると肌表面のタンパク質を溶かしてしまうのです。たんぱく質が溶けて弱った肌に衣服が擦れて、肌が乾燥してさらに弱ってしまいます。

特に背中は常に衣服と密着しているため、洗浄成分と衣服の刺激にさらされる時間がながく、ニキビができやすい状態になってしまいます。合成界面活性剤意外にも、漂白剤や蛍光剤にも注意が必要です。両方とも、白さを長続きさせるために必要な成分ですが、繊維に残りやすい成分です。汗をかくとこれらの化学物質が衣服からしみ出し、皮膚に痒みや炎症を起こす場合があります。

背中ニキビ対策法

肌トラブルを起こさないためには、合成界面活性剤や漂白剤、蛍光剤などの肌にとって強い刺激になる化学成分を避けることです。

・漂白剤不使用
・蛍光剤不使用
・合成界面活性剤無添加
・合成界面活性剤フリー
・合成界面活性剤不使用

などの記載があるとわかりやすいですね。

背中ニキビにおすすめ洗剤

背中ニキビに悩んでいる人におすすめなのは石けん洗剤。界面活性剤を使わずに、衣類を清潔に保つことができます。
石けん洗剤を見分けるには、

・脂肪酸ナトリウム
・脂肪酸カリウム
・石けん素地
・純石けん分

と書かれているものを選ぶことです。

石けん洗剤は高い洗浄力がありますが、衣服の繊維に残りにくく、肌への刺激が少ないのが特徴です。また、皮脂などの油汚れを落とす力が高い割に、素材へのダメージも少なく、おしゃれ着洗いにも使えます。界面活性剤と違い、早くに分解するため肌や環境にも優しいです。
昔の石鹸洗剤は固形タイプで非常に使いにくかったのですが、最近は液体タイプの石けん洗剤も販売されていますので、使いやすくなっています。

石けん洗剤の注意点

お肌には石けん洗剤がいいでのですが、石けん洗剤は石鹸カスは残りやすく、酸化して黄ばみの原因になったり洗濯層へのこびりつきが起きます。ですが、しっかり濯ぎをするように気をつければ黄ばみは防げますし、石鹸カスは定期的に洗濯層クリーナーを使って除去することができます。少しの手間で背中ニキビを改善できることを考えれば、試してみる価値はあります。

まとめ

いかがでしたか?毎日の生活習慣を見直すことでニキビが軽減されたら嬉しいですよね。また水着や、背中のあいた服が着れるようになったら自分の自信につながります。まずは手軽な「洗剤や柔軟剤」を見直してみてはいかがでしょうか?


⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら