ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・ニキビが出来る原因の一つ「洗顔・シャンプー・リンスの洗い残し」のおさらい


ニキビ(吹き出物)が皮膚科でも治らないという方・・日常でこんな事をしていませんか?ニキビが出来る原因の一つ「洗顔やシャンプー・リンスの洗い残し」をしっかりおさらいしましょう!

e1f3b2eb04ac256ca185a30b870173ab_s

洗顔の洗い残し

大人ニキビ(吹き出物)に多い、こめかみにできる小さなブツブツ「こめかみニキビ」の原因の1つに洗顔料の洗い残しがあります。実は洗顔時、こめかみ部分についた泡は洗い流すときに残りやすく、この残った泡が「汚れ」となってニキビを引き起こすこともあります。せっかくニキビケアラインの洗顔料でケアしていても、汚れを肌に残していては逆効果となってしまいます。洗顔後には顔の隅から隅まで洗顔料の泡が残っていないか、よく見たり手で触ったりして確かめましょう。

シャンプー・リンスの洗い残し

また洗顔料と同様に、シャンプーやリンスの洗い残しもニキビ(吹き出物)の原因となります。特にこめかみ部分はすすぎ残しの起こしやすい場所となります。シャンプーやリンスも洗顔料同様、残った成分は「汚れ」となります。成分をしっかりと洗い落とすためにも、シャンプーやリンスはよくすすぎ、さらに洗髪の後に洗顔をするようにして、こめかみ部分にリンスが残らないように気を付けましょう。

シャンプー剤が頭皮に合わないなど、頭皮トラブルがニキビの原因に・・

合わないシャンプーにより頭皮がかぶれ、それによって頭皮のバリア機能を弱らせたり、皮脂分泌のコントロールが効かなくなったりするからです。その結果、異常な皮脂分泌過多や逆に分泌不足が起こり、ニキビ(吹き出物)のできやすい条件を作ることとなります。
シャンプーの成分の1つである強い洗浄成分を持つ合成界面活性剤が、頭皮を痛めたり皮脂の取り過ぎを起こしニキビ(吹き出物)を出やすい頭皮環境を作り出します。シャンプーを変えるだけで頭皮の環境が整い、ニキビが減ることもあります。

まとめ

自分に合ったシャンプーを使い、そしてしっかりとすすぎをする。さらに洗髪後に洗顔をして、こめかみや髪の生え際に洗浄成分が残らないよう気を付けるようにすることが大切です。

そして洗浄成分をきちんと落とした後は適切なケアをしましょう。頬や口元が乾燥気味だからと、顔全体に同じように保湿のために油分たっぷりの美容液やクリームなど使ってませんか?
頬や口元と逆にこめかみは皮脂の分泌が盛んな場所です。同じようなケアをすると、こめかみ部分は必要以上にオイリーになりニキビ(吹き出物)を増やしかねません。乾燥しやすい部分と皮脂が多く出やすい部分、それぞれに合ったスキンケア用品を使い分けることが大切です。

⇒【画像付き】ノンエー(NonA)洗顔体験レビューはこちら

⇒【厳選!】ニキビに特化した化粧品(スキンケア)ランキングはこちら